きまぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 前航空幕僚長タモやんの騒動に思うこと

<<   作成日時 : 2008/11/15 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

タモやんの精神的に少し病んだ感のあるコミンテルン陰謀説論文がテレビ画面をにぎわしている。この論文がモリキローの選挙地盤を支える耐震偽装集団アパの頭領・元谷の偏屈思想お披露目賞であったことも含めて胡散臭さ満点だ。日本国民の生活を脅かす耐震偽装集団の頭領が国家を論じ、それに日本の空を守る大将が賄賂のような賞金を受け取る。自分の利益のために人の命をなんとも思わない元谷が軍をひきつけ何をしようとしていたのだろか。
アパといえばバカボン安倍のパトロンでもある。彼は小型の核兵器を保有できると講演した後オフレコの懇談会で「北朝鮮など核攻撃で焦土化してやる」と言ったとされている。それが彼の真意ならば日本国民が戦争に駆り出され国民の生活に危険が迫る。また北朝鮮政府の悪行とは無関係の多くの北朝鮮国民の命も奪われるのは日本の広島・長崎と同じである。自分は政治のために命をかけることなく放り出した卑怯者のくせに他人の命を奪うことに対してはあきれるほど軽視するあたりはパトロンとの共通点といわれても仕方ないのではないか。

ただ少し気になることがある。この論文を受けて懲戒免職にするべきだとの意見だ。タモやんはこれまでも同様の主張を統合幕僚学校の長にいたときもしていたわけだから彼を任命した歴代の防衛省の幹部に責任はあるのではなかろうか。ひょっとしたらアパへの天下りポストでも有って便宜したのではなんて勘繰りだってできるだろう。彼はその偏屈した思想を立場をわきまえず披露しただけの話だ。もちろん国家要職に有る人物の発言だから外交上の大きな問題があるので更迭は当然だ。だが思想で懲戒免職するというのはいかがだろうか。
これを思想の左右を逆にしたら、東京都の国旗掲揚・国歌斉唱に違反した教師を懲罰する制度となる。個としての思想を維持することは自由を認めるべきだと思う。だがその立場が大きな影響を与えるというのならその地位を更迭すればいい。だが思想が職を奪うことはできないだろう。配置する人間が配慮すればいいことだ。石原式国歌国旗要綱は賛成できるものではない。だが都民が「あんなヤツでいい」と選んだのだから仕方が無い。これは新銀行東京のために都民一人一人が麻生がばら撒く金額と同じだけ払うことになったことと同様だ。石原式国歌国旗に沿った人事を偏向的に行い、校長がそれを決断すれば卒業式典は施行できる。式を妨害したならともかく国歌を歌わない教師をその思想で懲罰するのはいかがかなと思う。そしてそれはタモやんにも言えるのではないか。

ひとはその生まれた環境や処遇で思想が形成される。前にも書いたが、砂漠のような地では雨は神の恵みだろうが、洪水で家族を亡くした人たちにはそうは思えない。だから当然すべてのひとが同じ思想であることはありえない。それが実現しようとした国家は北朝鮮などの独裁国家だ。その方法をわれわれは望んでいないことは明らかだ。
自衛隊や学校といった思想的に偏向したものを望まない職場であってもそういう人物は紛れる。だから採用や役職登用時にそういう職場では選別されるのだと思う。事実防衛大学や防衛医科大学が合格予定者の家族の思想調査を行うことを聞いたことがある。それはその職場を統括するものの責任なのであろう。その思想を秘匿していたのならともかくタモやんはそれを吹聴しまくっていたのだからそれは防衛省自体がそういう思想を容認しているとしか思えない。その裏にアパや安倍やモリキローが暗躍しているのかもしれないが、個人の責任よりも前にその体質を問題にすべきなのだと思う。

自分の思想のみが常に正しいとしか思えない人は心の貧しい人だ。他というものを寛容するだけの知識と心の余裕がないことの表れだと思う。自分の企業が儲けることだけが正しいとしか思えない奥田碩・経団連前会長が自らを驕りマスコミを脅したこともそうだろう。トヨタが1000億を超える広告宣伝費を出していることを笠にかけているのだ。そのうえ厚生労働省を批判する番組のスポンサーを降りることを示唆し役人に影響力を誇示するさまは下品そのものだ。内需を無視した政策を提言し続け今の経済危機のA級戦犯であるトヨタの元社長らしい心の貧しい発言だ。
私企業だから自らの精神と合致しない番組のスポンサーを降りることは問題ない。だが放送局自体を脅して自らの利のために言論抑制しようという浅はかな人間性は寛容さのかけらも無い。さすがネットで批判意見ばかり見かけるエコ替えを惨めったらしくテレビに流し続ける企業のやることだ。挙句の果てには何千人もの期間工を、まるで飲み飽きた飲み物を路上に投げ捨てるように切り捨てる。それより先に増やしすぎた株式配当や上げすぎた役員報酬を下げることが先ではないのか。今言われる内需が喚起しないことの一因は間違いなく製造業派遣などによる賃金抑制だ。それすら認められない自己都合主義が奥田氏の発言を裏付けている。一企業の長としてはそれでいいのかもしれないが、それが政府の政策に影響を与えようとするなら容認できざるように私には思える。
政局より政策・年末の資金繰り難のため補正予算を、といっていた首相は漢字が読めないだけでなく自分の政策も理解できず年内の補正予算審議を取りやめた。ということは銀行の貸し渋り・貸し剥がしに対する対策はしないということだ。このせいでこれからの一ヶ月で信用保証を得られない会社がいくつも倒れるだろう。なかには自らの命を絶つ悲劇があるかもしれない。カップラーメンを400円で買う首相にはそんな苦しむ人よりも少しでも長い首相在任期間のほうが大事なのだ。審議して国会が行き詰まり解散の危機になるくらいなら審議などせず先送りにし、ばら撒きの責任の地方自治体に押し付け、気楽な首相ライフを過ごしたいのだ。国民という自分とは境遇の異なる他の困窮は彼には見えないのだろう。

日本を代表する政治家・企業がともにこんな姿勢だと日本の先行きは暗い。日本はこの先少子高齢化が進み国力の低下が進む。もし少子高齢化を克服し高齢者を支える子供が生まれたら日本の人口は1億5千万くらい楽に超える。その人口を支えるエネルギーも食料も日本には無い。世界の貧困を解決したら必ず食料もエネルギーも今よりはるかに需要が増加する。それに日本が今以上に海外から輸入し続けられる財力があるか?それ以上に資源は枯渇しないか?それともアフリカに貧困を押し付け今のようなわがままな生活をし続けるのか?安易な人口増加が高齢化した日本の社会には困難なのだ。そして今の社会構造のままいくとしても世界の国々と交流しなければならない。日本だけが卑屈になることは無いが、だが他の国とうまくやっていくことは必要なのだ。
そのためには日本と事情が違う中国・韓国などの反日行動に煽られていてはいけない。また反中・反韓を煽っていても仕方が無い。人間関係は精神的に余裕のあるものが余裕の無いものを温かい目で見てやら無くてはうまくやっていけない。日本は思想も表現も自由であることを標榜している。だから自虐史観を否定する論文も有れば、過去の日本の行動を自省する論文もある。韓国は自由主義の国家だが政権戦略や国威発揚のため反日を利用せざるを得ない部分がある。中国にいたってはそこから自由を差し引かねばならない国だ。精神的に余裕の無いこれらの国と同じ土俵に立って罵り合ってては制圧する以外解決など無い。

今の日本は他に対する寛容さが欠如しつつある。助け合っていかなくてはこれからの世の中はますます厳しい。社会というものはそういうものだろう。タモやんの論文も空軍の長としてはいかがなものかと思うが、懲罰という発想を周りが押し付ける問題ではない。更迭したら長官ではなくなったので定年退職となった。これでいいのだとわたしは思う。

>ゆきおっち様
ご指摘の点、検索しましたがおっしゃるとおり報道記事としてはございませんでした。だが従来より報道等でこの点は指摘されており、わたしとしては訂正前のような認識でいた次第でございます。ということで表現を変えさせていただきました。ご不快な思いをさせましたことお詫びいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うそはいけません
バカボン安倍が北朝鮮に核を落とせなんて
はしゃぐ訳ないじゃありませんか
日本が保有していない
核を北朝鮮に落とす事は出来ないモノ
せっかく良い事を主張していても冒頭が悪いと
あとも霞んでしまいますよ大きなお世話ですけれど…
ゆきおっち
2008/11/17 08:04
とんでもないです
不快な思いなんてないですよ
せっかく面白い記事なのにもったいないなぁ〜
と思ったものだから…ついこれでスジの通った記事になりました
すぐに調べて直すなんて
凄いですよ
コチラこそ感謝です
お疲れ様でした
ゆきおっち
2008/11/17 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
前航空幕僚長タモやんの騒動に思うこと きまぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる