きまぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シェアザモーメント〜1月13日中京9R4歳上500万下を前に

<<   作成日時 : 2018/01/12 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が愛馬シェアザモーメント(以下シェアモ君)が1月13日中京9R4歳上500万下芝2000に出走する。夏の500万下を2戦して放牧されて以来の競馬となる。2つとも前半先行した馬の大半が真ん中以下の着順となるレースでそれに該当したシェアモ君には厳しいレースとなった。放牧先のNFしがらきでソエの症状が認められたため収まるのを待ち2ヶ月弱の17秒程度の坂路を乗られ12月初頭に帰厩した。
帰厩してからはCWのコース調教を併用しながら坂路を追われている。この厩舎では珍しいと思い調べてみたら牡馬では併用されていることが多いみたいだ。12月24日ではCW5F66秒6−12秒8という速い時計を出し、その3日後には坂路で54秒3(終い2F12秒9−12秒9)を出した。終い連続12秒台は8月の追い切り以来2度目だ。さらに1月7日に自己ベスト53秒0(終い2F12秒4−12秒9)を出した。ラップタイム12秒4は最速更新だ。最終追い切りは53秒9ー13秒2と控えめなものだが自己ベストから3日後でもあり開門直後の1月7日とは違い30分ほどしてからの坂路での時計なのでそう気にする必要もないのかもしれない。坂路の馬場も若干時計が掛かり気味でもあったようだ。
コースの中京は平地では芝ではステイゴールドの産駒には相性はあまり良くない競馬場だ(障害ではめちゃくちゃ相性はいいのだが)。だがコース形態自体は2度の坂越えに長い下り坂と凸凹コースなので対応できそうな気もする。事実芝2000mは全コース平均勝率よりも勝率は高い。あとは左回りの適性とメンバー次第だと思う。

さてメンバーだがこの時期芝が少ないので500万下の芝の平場には出走が殺到する。当然のごとくフルゲート18頭立てだ。メンバーも実力伯仲で5段階でBと判断する。シェアモ君は3歳夏の時点で止まっているので実力的にはかなり厳しい評価をせざるを得ない。中位より下の評価だ。当然のことながら相当の上積みが求められる。
展開には利がありそうだ。あまり強い先行主張がいない。ピースマインド・ジャコマルあたりだと思うのだが枠順によってはうまく先行できる可能性も高い。逃げにこだわる必要はないと思うが、自分でレースを作る流れが理想だと思うので仕掛けられるよりも仕掛ける立場で競馬をして頂ければと私は思う。
具体的には残り1100mからの長い下り坂で流れが速くなるはずなのでそこで被されることなくやり過ごせれば理想的だ。だがフルゲートでこのメンバーならそうも言っていられない可能性が高い。仕掛けが速いことを覚悟で動かさざるを得ないかもしれない。
さて枠順だが2枠3番だ。ありがたいことにピースマインドが1枠2番にいる。ということは逃げ馬を見ながら競馬が出来る可能性が高い。普通に行けば逃げ馬の外を先行できるだろう。怖いのは逃げ馬の後ろに入り外から仕掛けられて詰まって動けなくなるパターンだ。ジャコマルが外から寄せてきたときに内に押し込められない方がいいと思う。先手を主張するかジャコマルの外に出すか進路をクリアにした方が良いのではないだろうか。

新馬を見れば騎手の仕掛けに反応が速く加速できる賢い仔というイメージが私にはある。それだけに騎手の判断能力が大変重要だと思う。松若騎手はそれを知っていると思うので生かす騎乗を見せてもらいたい。このメンバーだけに大きく望むのは酷だと思うがいいレースをして欲しい。シェアモ君がどれほど成長したか楽しみにしたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シェアザモーメント〜1月13日中京9R4歳上500万下を前に きまぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる