アーズローヴァー~7月11日阪神12R3歳上1勝クラスを前に

我が愛馬アーズローヴァー(以下アズちゃん)が7月11日の阪神競馬12R3歳上1勝クラス芝1200に出走する。前回5月末の京都の1勝クラスで0.1秒差の2着に惜敗して以来の競馬となる。 前回はメンバーも揃った1戦で新潟遠征明けの中1週となるレースであった。気になることはいくつかあり先行気配が薄い中での1枠2番はゲートで後手に回ると辛…
コメント:0

続きを読むread more

ディライトプロミス~八ヶ岳特別を前に

我が愛馬ディライトプロミス(以下ディラちゃん)が6月27日の東京競馬10R八ヶ岳特別3歳上2勝クラス芝1800ハンデ戦に出走する。前回久しぶりの芝のレースを最内から脚をジリジリ伸ばし0.3秒差の4着に終わった新潟の赤倉特別以来の競馬だ。 前走は9頭立てと手ごろで先行気配も薄い面子であった。だが個々の馬の実力はそう低くはなかった。私…
コメント:0

続きを読むread more

グランドデューク~6月27日阪神8R3歳上1勝クラスを前に

我が愛馬グランドデューク(以下デュー君)が6月27日の阪神競馬8R3歳上1勝クラスダート1200に出走する。前回4月の3歳1勝クラスの阪神ダート1200で1.3秒差の5着に敗れて以来の競馬となる。 前回は初ダートからの続戦で速い流れを経験したデュー君がダート短距離でどこまで上積みがあるかが焦点であった。馬体重は前走と同じ、調教も1…
コメント:0

続きを読むread more

アーズローヴァー~5月24日京都8R4歳上1勝クラスを前に

我が愛馬アーズローヴァー(以下アズちゃん)が5月24日の京都競馬8R4歳上1勝クラス芝1200に出走する。2週前の新潟線から中1週での出走となる。 前走は新潟の五泉特別に出走した。福島から中2週でメンバーも揃っており雨予想も出ていた。良馬場で時計と上りが速い競馬が向いていると分析している私には不利な状況と思えた。 馬体重は少し増…
コメント:0

続きを読むread more

ディライトプロミス~赤倉特別を前に

我が愛馬ディライトプロミス(以下ディラちゃん)が5月16日の新潟競馬12R赤倉特別2勝クラス芝2000に出走する。前回小倉の和布刈特別に休み明け出走したが2秒1差の15着に敗れた。 まずは前回を振り返りたい。まずディラちゃんは2勝が全てダートの重不である。ということはパンパンのダート良馬場は難しい可能性がある。 冬の小倉は季節も…
コメント:0

続きを読むread more

グルーヴィット~京王杯SCを前に

我が愛馬グルーヴィット(以下グル君)が5月16日の東京競馬11R京王杯スプリングカップ(GⅡ)芝1400に出走する。前走の高松宮杯G16着以来の競馬となる。 前走は短期放牧明けではじめてのスプリント戦となった。関西圏のレースではそれまで連対を外したことの無いグル君で中京は重賞で1・2着と好走歴があるコースだった。調教もいい内容であ…
コメント:0

続きを読むread more

低下の一途をたどる日本の研究力

研究力ランキング、日本勢初のトップ10陥落…中国勢が躍進 という記事が本日読売新聞に出された。私が以前から口酸っぱく指摘していることだ。今年はイギリスにも抜かれて世界第5位に落ちた。 過去に私の記事を読んで頂いた方には同じことを書いていて申し訳ないが再度指摘しておきたい。 日本の大学数は平成の30年間で499校から782校に増え…
コメント:0

続きを読むread more

アーズローヴァー~五泉特別を前に

我が愛馬アーズローヴァー(以下アズちゃん)が5月10日の新潟12R五泉特別芝1200に出走する。前回放牧明けの福島の医王寺特別を1.0秒差の4着に敗れて以来の競馬となる。 前回は短期放牧明けで1週前に一杯の追い切りを一本以外は馬ナリで調整された。レース前の記事には触れなかったがブリンカーを装着しての出走となった。 レース前にアズ…
コメント:0

続きを読むread more

アーズローヴァー~医王寺特別を前に

我が愛馬アーズローヴァー(以下アズちゃん)が4月19日の福島競馬10R医王寺特別4歳上1勝クラス芝1200に出走する。前回2月の小倉の平場芝1200で0.6秒差の11着になって以来の競馬となる。 前回は今回同様2ヶ月の間隔で放牧明けでの出走だ。週2回坂路で調整され馬体重は過去最大の454kgで出走した。パドック映像では踏み込みもしっか…
コメント:0

続きを読むread more

ライティア~忘れな草賞を前に

我が愛馬ライティア(以下ティアちゃん)が4月12日の阪神競馬9R忘れな草賞3歳牝馬限定OPに出走する。2月のエルフィンSを0.7秒差の2着に敗れて以来の競馬となる。 前回は3か月ぶりのレースであった。馬体の小さなティアちゃんはどうしてもレース間隔をあけながらになる。前回マイナスの馬体を取り戻すため1週前に強い追い切りをするなど陣営は工…
コメント:0

続きを読むread more

シェアザモーメント~4月12日阪神6R4歳上1勝クラスを前に

我が愛馬シェアザモーメント(以下シェアモ君)が4月12日の阪神競馬6R4歳上1勝クラスダート2000に出走する。前回は3月の中京ダート1900に出走しスタートで落馬寸前になり出遅れても道中インを追い上げ直線入り口中団から巻き返しを図ったがすでに脚はなく4秒9差の10着に敗れて以来の競馬となる。 前走は頭数も11頭と手ごろで有力馬も…
コメント:0

続きを読むread more

グランドデューク~4月12日阪神5R3歳1勝クラスを前に

我が愛馬グランドデューク(以下デュー君)が4月12日の阪神競馬5R3歳1勝クラスダート1200に出走する。前回3月の中山の1勝クラスを先行して0.7秒差の6着となって以来の競馬となる。 前走は年末以来の競馬で初のダート戦に挑んだ。輸送があるので1週前に速い時計を出して本番に臨んだ。馬体重は―8kgだ。パドック映像ではすっきりした感…
コメント:0

続きを読むread more

グルーヴィット~高松宮記念を前に

我が愛馬グルーヴィット(以下グル君)が3月29日の高松宮記念G1に出走する。前走1月の中山ニューイヤーSを1番人気で7着に敗れて以来である。 前走は前年11月の武蔵野S・GⅢ以来の競馬で2走前の京成杯AHと同じ中山芝1600のレースだ。実力的にも十分勝機がある1戦であった。調教も1週真に速い時計を出し直前は加速ラップでまとめて出来は上…
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック延期発表直後の新型コロナウィルス感染者激増

前の記事にて世界に比べて日本の感染者発表数が異常に少ないことを記事にした。感染者の多いところは人口密度が高いところ、気温が低いところ、高齢者数あるいは高齢化率が高いところだったのだが日本はそのいずれにも該当する。にもかかわらず諸外国の10分の1から100分の1程度の感染率であった。 日本は皆保険制度で医療を受けやすい体制ではある。また…
コメント:0

続きを読むread more

検査をしない日本の新型コロナウィルス罹患者数を考える

ニュースで欧州の新型コロナウィルス罹患者がアジアの感染者を超えたとの報道された。"欧州の感染者数と死者数はそれぞれ10万470人、4752人で、いずれもアジアの感染者数(9万4253人)と死者数(3417人)を超えた"と記事にはある。アジアの大多数がその発生源とされる中国で罹患者数が9万人死者が3245人だ。 欧州の面積が1000万K…
コメント:0

続きを読むread more

忍び寄る悪夢~新型コロナウィルスがもたらすもう一つの危機

世間では新型コロナウィルスの影響が甚大だ。京都の街も八坂神社の前がガラガラだと聞いた。インバウンドの2大巨頭中国韓国がウィルス影響下にありしかも入国制限まで出た。2月の時点で関空の利用者が昨年の3分の1だそうだ。 まず中国人観光客のバス運転手とガイドさんの感染が確認された報道があった時点で私は市中感染は避けられないと感じていた。私自身…
コメント:0

続きを読むread more

シェアザモーメント~3月15日中京競馬8R4歳上1勝クラスを前に

我が愛馬シェアザモーメント(以下シェアモ君)が3月15日の中京競馬8R4歳上1勝クラスダート1900に出走する。前回1月の京都ダート1900の平場に出走し5着ではあったが1秒3の差をつけられて以来の競馬となる。 前走は11頭立てではあるが揃ったメンバーでもあった。シェアモ君はそれでも指数上位ではあった。だが懸念は京都ダートが平坦な…
コメント:0

続きを読むread more

グランドデューク~3月15日中山6R3歳1勝クラスを前に

我が愛馬グランドデューク(以下デュー君)が3月15日の中山競馬6R3歳1勝クラスダート1200に出走する。年末の阪神の1勝クラスのさざんか賞で0.7秒差の7着に敗れて以来の競馬となる。 前走は改めて芝1200に戻し中1週での競馬となった。その前に比べて頭数は増えたがメンバーレベルは落ちており勝機の見える一戦であった。先行気配が強い…
コメント:0

続きを読むread more

ノーヴァレンダ~仁川Sを前に

我が愛馬ノーヴァレンダ(以下ノヴァ君)が2月29日の阪神競馬11R仁川Sダート2000に出走する。前回佐賀記念を3着してから2週間半での競馬となる。 前回佐賀記念はJRA選抜5頭がオッズとは裏腹に近い指数を出していて接戦が予想されるレースであった。比較的先行する馬が揃っており流れも気になるところだった。 調教はレース前にも書いた…
コメント:0

続きを読むread more

ヴァルキュリア~新馬戦を前に

我が愛馬ヴァルキュリア(以下キュリアちゃん)が2月15日の京都競馬6R新馬戦ダート1400に出走する。キュリアちゃんは父Tapitの持ち込み牝馬の仔で表記上は内国産である。母ピースアンドウォーはWarFront産駒で2歳牝馬の米G1アルシバイアディーズSを2014年勝利している。 募集時よりピッチ走法でダートでの走りを強調していたよう…
コメント:0

続きを読むread more