エフフォーリア~共同通信杯を前に

我が愛馬エフフォーリア(以下エフオ君)が2月14日の3歳重賞共同通信杯に出走する。前回1勝クラスの百日草特別を勝利して以来の競馬となる。 前走についてはレース後記事を書いたのでよければそれを見て頂けたらと思う。主な点はスローの上り勝負でもデビュー前の芝調教と同じく速い脚を使えて勝利できたこと、および前が壁になっても一瞬の隙を突いて抜け…
コメント:0

続きを読むread more

グルーヴィット~北九州短距離Sを前に

はタイム差が1秒以上離されたレースである。 それ以外のレースは全てタイム差0.5秒以内で着順も7着以内である。以上から私は前半35秒台で後半に脚を使い切ることの出来るレースが適した条件だと考えている。そのためレース序盤に下り坂があり流れが速くなるコースを合わない条件として列挙したのだ。 レース後2週間の放牧を挟み小倉芝1200の…
コメント:0

続きを読むread more

ディライトプロミス~引退に思う

我が愛馬ディライトプロミス(以下ディラちゃん)の引退が公式HPで発表された。先週の海の中道特別を最下位で敗れての発表だ。掲示板でもこのレース選択を危惧する声が多かったのだが案の定最低の結果で終わってしまった。 それでも無事に繁殖に上がれただけでも良かったと思う。道悪で長距離だとそれだけ故障のリスクも上がる。1週前に坂路自己記録を大きく…
コメント:0

続きを読むread more

ディライトプロミス~海の中道特別を前に

我が愛馬ディライトプロミス(以下ディラちゃん)が1月24日の小倉競馬12R海の中道特別芝2600に出走する。11月の東京の平場芝1800を1秒6差の10着に敗れて以来の競馬となる。 前走は外枠も引けたし馬場も良馬場で好条件と思えた。ただ上村厩舎への転厩初戦となりまだ経験浅い厩舎がどう仕上げるか未知の感じがあった。 調教は池添学厩舎の…
コメント:0

続きを読むread more

グルーヴィット orz な1日(悪夢よ再び)

レース前の記事のとおり覚悟はしていたが… 逃した獲物は大きすぎた。 NHKマイルCに続いて2度目の苦杯だ。 今度は前の倍では済まない大きさだ。 自分の理論を否定してでも勝って欲しい一戦であった。 前3F34秒5、グル君自身は35秒前半といったところだろう。 同じ位置にいた勝ち馬に外の進路を取られあっけなく終了だ。…
コメント:0

続きを読むread more

学術的観点の欠ける政府の新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス感染爆発が年末から顕著になってきている。9~10月に全国の1日感染者数は500人程度だったのが11月前半には1000人程度になった。11月後半には2000人を超える日が増え12月の最後の1週間には3000人を超えた。年を開けると更に増え8000人に迫る勢いだ。 政府が勝負の3週間と表明したのが11月の最終週だ。つまり…
コメント:0

続きを読むread more

グルーヴィット~すばるSを前に

我が愛馬グルーヴィット(以下グル君)が1月11日の中京競馬11RすばるSダート1400に出走する。夏の関屋記念を0.5秒差7着に敗れて以来の競馬となる。 関屋記念はフルゲート18頭で行われた。グル君は実力的にも1番手評価で十分勝てる指数を示していた。前年の中京記念以来賞金加算が出来ていないのでこのレースは何とか2着までに入り今後の…
コメント:0

続きを読むread more

アーズローヴァー~新春Sを前に

我が愛馬アーズローヴァー(以下アズちゃん)が1月10日の中京競馬10R新春S3勝クラス芝1200に出走する。12月の飛騨Sからの続戦だ。 前回は距離を伸ばしての一戦であった。私は以前よりアズちゃんは前半スローで後半速い流れのレースで着差の小さなレースをしていると分析している。1200でそういう流れになることはあまりない。なので距離…
コメント:0

続きを読むread more

ガルフォート~新馬戦を前に

我が愛馬ガルフォート(以下ガルオ君)が12月19日の阪神競馬5R新馬戦芝1600に出走する。9月に一旦栗東に入厩しゲート試験合格後NFしがらきに放牧に出され、11月中旬に再び栗東に帰り今回の出走となる。 ガルオ君は父ディープインパクト母ポロンナルワの牡馬だ。母方にはシンハライトなどのシンハリーズ一族に繋がり活躍馬を多数出している母系だ…
コメント:0

続きを読むread more

アーズローヴァー~飛騨Sを前に

我が愛馬アーズローヴァー(以下アズちゃん)が12月13日の中京競馬11R飛騨S芝1400に出走する。9月末の2勝クラスの知立特別を勝利してから短期放牧を挟んでの昇級初戦となる・ 前走は13頭立てで平均的なメンバーレベルであった。だがアズちゃんにとって幸いであったのは先行気配が薄く⑫の短期逃げが濃厚であった。つまり流れが緩くなる可能性が…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ感染爆発第3波における政治的責任

新型コロナ感染者数の増加が止まらない。もちろん検査数の増加が感染者発見を促進している側面はある。だがそれと同時に感染が疑われる症状を持つものが増えているため検査が必要になっているということもまた事実であろう。 私は3月にここで記事にした際。検査数は必要がある患者が受けられれば検査数はそう増えなくていいと書いた。それには前提があり我々日…
コメント:0

続きを読むread more

ライティア~甲東特別を前に

我が愛馬ライティア(以下ティアちゃん)が11月22日の阪神競馬9R甲東特別3歳上2勝クラス芝1600に出走する。前回休養明けの1勝クラス平場を快勝してからの続戦となる。 前回の感想はレース後に記事にした通りだ。外から被されながらも抵抗し勝ち切った。レースメンバーも揃った一戦で指数も3勝クラスで勝ち負けできるレベルのものであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

ディライトプロミス~11月15日東京8R3歳上2勝クラスを前に

我が愛馬ディライトプロミス(以下ディラちゃん)が11月15日の東京競馬8R3歳上芝1800牝馬限定戦に出走する。前回中京の夕月特別を1.3秒差の7着に敗れて以来の競馬となる。 前走はメンバーもそう強くなくディラちゃんが1番手評価のレースであった。頭数も9頭立てと手頃で十分勝機があると私は予想していた。馬場も良馬場、先行気配は単騎の…
コメント:0

続きを読むread more

シェアザモーメント~引退

我が愛馬シェアザモーメント(以下シェアモ君)の引退が11月3日公式HPで発表された。前回の急な出走から次の火曜日での発表だ。 前回はいかにも急な出走であった。東京の最終の平場にダート1300があり出走枠も空いていた。実際関西馬も2頭出走していた。陣営は1400が合っていると言っていたのだが出馬投票もしなかった。 ブリンカーの効果を見…
コメント:0

続きを読むread more

エフフォーリア~百日草特別の勝利に思う

我が愛馬エフフォーリア(以下エフオ君)が11月8日の東京競馬9R百日草特別2歳1勝クラス芝2000に出走した。頭数は8頭と少ないが新馬勝ちの馬がエフオ君を含めて4頭おり、重賞入着馬もいる手ごわいメンバーだ。 土曜の東京を見ていても内馬場が荒れ、上りも少し要する馬場で先行気配も少しあり展開や走るところもレース結果に影響がありうることが予…
コメント:0

続きを読むread more

エフフォーリア~百日草特別を前に

我が愛馬エフフォーリア(以下エフオ君)が11月8日の東京競馬9R百日草特別2歳1勝クラス芝2000に出走する。前回の新馬戦を圧倒的人気を背負い勝利してから放牧を挟み昇級緒戦となる。 前回は芝コースの調教で破格の時計を出しその存在が注目されてのデビュー戦であった。馬体重は516kg、NF天栄を出る直前が514㎏なので馬体減はほとんど…
コメント:0

続きを読むread more

デイリー新潮「本当は日本で働きたい…」中国「千人計画」参加者の本音 ノーベル賞・本庶教授も日本の現状に警鐘 に思う

表題の記事がyahooに掲載されていた。私がここで何度も記事にしていることが書かれている。国立大学の独法化による研究資金の抑制が15年以上たって現在の日本の研究能力の低下に重くのしかかっている。 何度も書いて申し訳ないが日本の現在の論文業績は科学分野で現在世界5位だ。10年前は2位であった。そこから中国・ドイツ・イギリスに抜かれて現在…
コメント:0

続きを読むread more

シェアザモーメント~11月1日京都6R3歳上1勝クラスを前に

我が愛馬シェアザモーメント(以下シェアモ君)が11月1日の京都競馬6R3歳上1勝クラスダート1800に出走する。前回2週前の同じ京都のダート1400で0.9秒差の9着に敗れてから中1週の競馬となる。 レース前に記事にした通り私は1400という距離に関しては懐疑的であった。というのはスピードの持続を求められるレースではことごとく惨敗…
コメント:0

続きを読むread more

ライティア~2勝目に思うこと

我が愛馬ライティア(以下ティアちゃん)が10月24日の京都競馬6R3歳上1勝クラス司馬1800牝馬限定戦に出走した。ここ最近はレース後の感想は書かないで来たのだが、今回は思うことがあって書くことにした。 レース当日は清々しい晴であったが前夜の雨は残り稍重の状態であった。風が西から強く吹いていた。この風は念頭に置いて欲しいことだ。西…
コメント:0

続きを読むread more

ライティア~10月24日京都6R3歳上1勝クラスを前に

我が愛馬ライティア(以下ティアちゃん)が10月24日の京都競馬6R3歳上1勝クラス芝1800牝馬限定に出走する。4月の忘れな草賞5着以来の競馬となる。 前走はオークス出走を掛けた最後の1戦となり馬体細化が気になりながらの出走となった。新馬で418kgだったあとは2戦続けて減少し、ともに400kg台での競馬が続いていた。 エルフィ…
コメント:0

続きを読むread more