映像流出者特定の報道に感じる怖さ

尖閣映像流出させた海上保安庁の職員が特定された。私が見る限り、圧倒的に流出させた海上保安官を責める声よりも映像を公開しなかった菅政権を批判するほうが大きい。それは国民がその状況を映した映像を見たいということなのだろう。私が見ていた関西テレビの”アンカー”の山本アナは司会者という立場を忘れたかのように感情的な表現で海上保安官を擁護、政権批判をしていた。これはおそらく多数の日本国民の声である可能性が高いと思う。そしてそんな日本に怖さを私は感じる。

前の日記で書いたようにこの画像の公開が多くの日本国民の声に押されて政府が公開したのならばそれでいいと思う。ただその場合も中国にいる日本企業駐在者の中国政府の扱いや中国の反発による日本経済への影響も政府は考えているはずだ。それらの可能性は高くないかもしれないが、もし自分が日本政府という船の舵をとる立場ならば無視は出来ないと思う。自民党政権の時代も漁船の進入はあったらしいということなので、そういった事情を勘案して政府は対応してきたと思われる。あるいは日中友好のときにそういう申し送りが当時の政権から引き継がれていたのかもしれない。そういう事情を考えて政府が下した決断だ。
もし映像公開を政府がした場合はその影響に批判する声はおそらく今と同じく大きくなる可能性は高い。画像を公開するということは同時に日本経済に深刻な実害が起こりうる可能性も国民は覚悟する必要性はあったのだとも思う。実際すぐに公開していた場合どうなっていたかはわからない。でもそういうことを考慮したのが政府の一連の行動だったのだと思う。
あれからも近海をうろついている中国船はいるだろうが不法侵入で挑発したという話しは今のところ聞いていない。結果的に日本の尖閣の実効支配が揺るぐこともなく向こうの対抗措置も少ししつこかったが何とか解消されつつある。政府の対応はベストなものではないかもしれないが最悪は回避されているのではないだろうか。海上保安官の義憤に間違いはないのかもしれないが、日本を預かるものからしたらそれだけの視点ではだめだということだと思う。
いま感情を高ぶらせて声を上げている山本アナをはじめとした多くの国民はそういうことは失念しているだろう。だが彼らも指摘するよう中国という国家はそういう民度が低く日本以上に保守的な利己的国家なのだ。事実中国船長拘束後にレアアースや商社マン拘束などの対抗措置を実行している。
映像についてどちらが日本に最良の行動だったかは容易に判断できないと思う。映像をもっと早く見せればこんなことは起こらなかったという声も多く聞かれる。だがその中には少なくない部分でどういう事態だったかの関心が満たされなかったことへの不満と、今回の映像で意図的と思われる中国船の動きを確認しての怒りがあったのだと思う。
政府はさまざまな事情を勘案して映像非公開としたのである。そしてそれは選挙で選ばれた政府により決断されたのである。それに異議があるのならば世論形成で映像公開を実現すべきであろう。事実そういう形での動きはデモ(なかには怪しげなものもあったようだが)などでもされていた。国民がそれに同意を得たならば世論調査や政府への意見などで公開せざるを得ない事態になったはずだ。それを待てなかった今回の行動はやはり戒めが必要だと私は思う。

今回の件も含めて海上保安官は立派に頑張っていると思う。今回の衝突事件もやれる範囲で頑張ったのであり、その後の司法の判断や政府の対応に不満があることは理解できる。だからこそその努力を今回のような形で流出させてはいけないと私は思う。それは日本が文民統制が出来ない国であるということを世界に示すことになる。日本を快く思わない国にとっては日本の戦前の暴発を連想させ煽ることで反日機運を盛り上げる材料になりうるだろう。また政府に反する意見を持つ公務員がこれを機に意図的流出を政府内で行い倒閣する一歩になりうるだろう。もちろん政府の悪行などをリークすることはかまわない。だが日本の外交や軍事を一個人の思想で理想を実現させようとする行為は危険だ。海上保安官にそれだけの意図があったかはわからない。だがそういうことにつながりうるのが今回の事例ではないだろうか。そういう意味で彼を罪深いと断ずるつもりは無いが、残念な行為だったといわざるを得ない。
この件での海上保安官がもし処罰の対象にならなければ、これらの行為には正当性が付与されたと考えるひとが出てくるだろう。今回の件はおそらく映像公開することに不適切さは無いと思う。ただしそのかわりに中国からの仕掛けによる日本経済の影響を覚悟できているのならばだ。だがそれは政府が判断すべきことであり文民統制下の海上保安官がしてはならないことだと私は考える。これが戦前の日本のような軍部の独断専行につながったらどうであろうか。だから警察も自衛隊も政府に統制される制度を日本は戦後作り上げたはずだ。
今回の流出騒動は海上保安官の政府批判の意味合いもありなされた行為だと思う。だが官僚や自衛官・海上保安官らが政府の意図にそぐわない行為を行い倒閣するという行為を正当化されれば、その国の向かう未来は国民の意図と一致するとは限らないということを失念しているのではなかろうか。戦前にはそういう光景が世論誘導とともにあり、多くの人が政府に踊らされ命を失った。ある一部の人(戦前なら軍部、中国なら共産党)に都合のいい政府しか政治を行えないという危険性を忘れてはいけないと思う。

私は常々他人と対峙するとき、精神的に相手を考える余裕のある大人であるかどうか考えて対応すべきだと思う。守るべきものを持つ人が社会のルールを守らず自己中心的なチンピラと闘わなければならないのは、こちらにそれなりの傷を負う覚悟と傷を負ってでもすべき状況があるときだ。もちろんルールが厳然と機能し、信賞必罰が行われているもとならばどのような場合でも闘えるだろう。だが国際社会はそんなルールで中国を縛ることなど出来ない。それぞれの国に思惑や利害がある。干渉するにも限度がある。そのような状況下ではやはり闘うことだけがあるべき姿でもないのだと思う。
今の日本に傷を負う覚悟は大多数の国民が出来ていないだろう。中国船を順次撃沈せよと煽るのは傍観者だから言えることだ。もちろん不法行為をする中国を許してはいけない。だが中国は民度が低い国だ。自国の共産党大会のために反日行為をして挑発せざるを得なかった不良少年だ。このクソガキに対してはるかに民度も高く精神的に大人である日本が、中国と同じレベルで殴り合い経済的に傷つく必要があったのだろうか。現在の日本の経済状態を考えたうえでだ。そういうことを政府は考えなければならない。バランスを考え、政府がとった行動が今回だったのだと思う。
もし中国が漁船の周りに護衛艦をつけて不法侵入したならば、あるいは尖閣に中国船が上陸して建造物でも立てようとしたならそれは領土略奪を意識した状況だろう。断固として戦わなければならない。だが今回は(おそらく中国政府の意を受けた軍人工作員によるものだろうが)形式上は不法操業であり逮捕もしたのだ。中国との関係を考えれば、今回は起訴しなかったというのも次回逮捕するという選択を残した行為だとも考えられる。どちらにしても一回であきらめるようなききわけのある国ではないだろう。だから起訴をせずに相手の出方を見てそれにあわせて次回逮捕という手も無くはないとは思う。
今回の事態は実質的に尖閣を領土として失ったわけではなかった。その事態で感情的に中国と同じレベルに降りる行為は、駄々っ子が両手を振り回して殴りかかってきたのに対して大人がげんこつで応戦するのと精神レベルでは同じではないか。どちらが精神的に大人か考えなければいつまでたっても戦争の無い世界など来ない。もっとも常に世界の国と争い、自国のために資源も財も強引にでも独占にしたい(中国のような)覇権国家になりたいのならば戦争は不可避なものだが。

ロシアの北方領土への大統領訪問にも見られるように、日本と利害衝突のある国は民主党政権という新しい日本の形を見極めようとしている。中国も親中の小沢が代表戦を苦闘しているなか来るべき新政権を揺さぶろうとする意図は否定できないだろう。今の報道はそれに思いっきり乗っているのではないか。支持率が低下し内閣の存亡が危機にいたれば、反中の前原氏が外相を退陣する可能性は高く、まさに中国が喜ぶ事態だろう。考えたくはないが代表戦で負けた小沢と中国が通じて菅内閣や反小沢の当時外相(岡田)国交相(前原・海上保安庁管轄)の殲滅を期しているなんてことはないだろうか。
今回の騒動で中国にとって一番嫌なのはその蛮行と日本の淡々とした対応を世界に見られ批判を喰らうことだろう。日本が大人の対応をしていれば中国の下品さが際立つわけだ。実際そういう流れはあったのだと思う。だが肝心の日本が国内で政府批判をすれば、反中の人物を閣外に引き下ろすための中国の行為を利するに他ならない。自民党など大はしゃぎだが、中国が自民党政権下でそこまでしなかったのは(中国国内事情もさることながら)自民党は外務省チャイナスクールやら中国利権政治家とべったりで都合のいい政権であった面も否定できないのではないか。

これからも粛々と日本国内法で不法侵入者を対処すればいいと思う。必要ならば起訴も賠償請求もすればいい。ただ中国の衝突で受ける不利を最小限にするべく日本は中国への依存体質を変えていく必要がある。中国が成長し続けるのは無限ではない。そう遠くないうちに壁に当たるだろう。中国が永遠に今のままならいずれは中国は物を売る市場だけになる可能性が高い。そして今回のように自由経済を阻害するような中国の対応を各国は見ている。日本は早く重心を中国から後ろに下げるべきだと思うし実際そうなるだろう。
これからしばらくは中国は経済力を増すはずだ。そして中国の経済力が増せば増すほど人件費など中国に企業進出するメリットは小さくなる。その分中国人が海外で働く機会が増えるだろう。そして経済が豊かになれば人の行き来も増え、中国共産党による海外の情報もコントロールは難しくなる。情報が氾濫すれば一党独裁体制への矛盾が現れる。共産主義国家なのに日本よりもはるかに大きな経済格差や太子党などによる権力の世襲、情報統制、民族弾圧さまざまなことに耐えられなくなるだろう。それを抑えるための反日教育であるが所詮限界はある。そして中国もまた日本以上に早い少子高齢化社会に突入するだろう。そのとき彼らは他民族を受け入れざるを得なくなる。そのとき独裁国家の体裁を維持することはきわめて困難だろう。
また中国にとっても日本は貿易相手として大きな位置を占める。そして軍事費が急増しているとはいえ日本と交戦をすれば相当の痛手を負う。そんな弱った中国をインドやロシア、ベトナムなどが黙って見てはいないだろう。つまり中国にとって日本の領土侵略を行うということはそれなりのリスクを覚悟せねばならないということだ。まだ日本の国民の10分の1のGDPしかない中国国民が目指すのはさらなる経済成長であり、そのパートナーとしての日本を敵に回しても失うものの方が大きいだろう。だから経済成長しているうちはせいぜい日本のへの嫌がらせしかできないのではなかろうか。
人口10倍の中国が日本を抜き世界2位の経済大国になるのは必定だ。その勢いを買って中国共産党は強気に出ているのだが、それは上記のような事情を勘案すれば永遠のものではない。そして成長するには日本と戦い続けるわけには行かない。そういう相手であると思えば日本人はもう少し広い心でやんちゃ坊主を見てやれる。もちろん万引きは許さない。是々非々で日本は中国に対応すればいい。その中には交渉や駆け引きも必要ではないか。

早速自衛隊上がりの評論家が尖閣の次に中国に狙われるのは沖縄本島だ、と危機感を煽っていた。例によって読売の偏向番組だ。それに愛人騒動を恥じることも無い鴻池らが焚きつけ、ADの指示がごとく誘導された拍手がその場を盛り上げていた。久しぶりに見て胸くそが悪くなった。こういう人たちが今回の映像流出行為を賛美し、自ら流すつもりのない血をこれからの若者に流させようとする。先ほどのニュースで読売テレビの取材に流出させた海上保安官が出頭前に応じていたことから、この放送局の番組の影響があったのかもしれない。
そして世論は今そういう方に傾きつつある。これは中国が予想していたことかどうかわからない。だが向こうは日本の突き上げに引くことの出来る国家ではない。そういう教育や世論形成をしてしまっているからだ。大人である日本が広い心を持たない限り日本は余計な予算や労力、下手すれば命を中国との衝突のために割かねばならない。それは日本にも必ず訪れる少子高齢化社会にとってプラスであるわけが無い。
日本には大人の対応を評価できる文化があるのだ。殴りあわなければわからない中国とは違うということを誇りに思うべきだ。そのためには日本が冷静な対応をする必要がある。それを判断するのは海上保安官の一個人(おそらく単独犯ではないだろうが)の判断ではなく選挙で選ばれた政府なのだ。そして政府は国民の意思に対して完全無視を決め込むことが出来ない。中国や北朝鮮とは異なり国民によって選ばれる存在であるからだ。そういうプロセスを経ず行われた映像流出を正当化する世論に私は怖さを感じる。

この記事へのコメント

ろっし
2010年11月14日 11:04
 軍事工作員だと思いますが、その事に触れている方は、少ないですね。中国政府は、上手く利用しました。また、反日や共産党支持を国民から集める事にも成功しました。レアアースで世界各国から批判されたぐらいでしょう、失敗は。

 そもそも民主党政権は、外交防衛に疎く弱い。まず最初に世界のスタンダードからは考えられない普天間沖縄県外移設を主張していた。アメリカとの距離感、そして、民主党政権誕生。中国やロシアから試されている。そう取れます。

 ビデオ情報については、そんなに心配する必要ないでしょう。ナショナリズムの弱い国だし、ブーム(一過性)の強い国ですから。報道は、一部を除き中立性を期待する人の方が、間違っていると思います。ただし、情報の出所が、行政や政府の場合は、税金を使っているのである程度、正しい報道をする義務が有ると思いますけどね。記者クラブという存在も許されていますし。

 ビデオ公開よりもビデオに対する取り使い方、そして、あまりにも既存政権と違う方針に皆が戸惑った。そういう事に思いますね。野党時代から、危惧されていた部分です。防衛外交は、政権が変っても基本路線は変えるべきではないでしょう。民主党は、財政や社会保障に関しては、自民党より強いですけど、インフラ整備を含め、ウイークポイントが多いです。やはり、後発党。新興党です。自民党政権が良いとも思いませんが、良い部分は真似するべきに思いますね。

この記事へのトラックバック